今すぐお金を借りたい!そんな【即日融資でお金を借りる方法】とは?!

お金を借りる方法というのは、いくつかあります。
例えば、親や親戚から借りる。
または家族や恋人といった身近な人からお金を借りるという方法もあります。

少額であれば、そのような身近な人達もお金を貸してくれる場面も多いことでしょう。
ですが、何万円または何十万円といった高額なお金を貸してほしいと頼まれたら、きっとほとんどの人が躊躇することでしょう。

それは身近な人ならなおさら、いままで長い期間をかけて作り上げてきた信頼関係にまで支障をきたす恐れがあります。
また、お金を借りたことをきっかけに、相手が疎遠になってしまう可能性も考えられます。

そのようなことを避けるために、多くの人がお金を借りようと考えた時に、金融機関からの借り入れを検討します。
金融機関と一言で言っても、数多くの金融機関があります。

今回は、即日融資が可能である金融機関について、ご紹介していきたいと思います。

今すぐお金を借りるなら、カードローンがおすすめ

先に結論を申し上げますと、今すぐお金を借りたいなら、カードローンがおすすめです。

カードローン会社もいくつか存在しますので、どの会社を選べば良いのか悩まれることでしょう。
まずもっともおすすめしたいのは、大手消費者金融が提供するカードローンです。

大手消費者金融とは、アコムやプロミスといった消費者金融会社です。
テレビCMなどで見たり聞いたりしたことがある方も、多いのではないでしょうか。

しかし、初めてこのような消費者金融の利用を考える方は、やはり最初は抵抗がある方が多いと思います。
ネガティブなイメージがある訳ではないのですが、借金をするということに後ろめたさや罪悪感を覚える方も多いことでしょう。

ですが、ここで消費者金融のカードローンをおすすめする理由がありますので、ご紹介します。

一般的な金融機関では、即日融資は難しい

例えば銀行や市役所などの役場による融資を希望した場合、即日で融資を受けられるところはまずありません。
まず問い合わせを行い、必要書類を提出し、その上で数日もしくは数週間の期間をおいて、融資実行となります。
融資が行われれば良いですが、そのように何日間・何週間も待った後に融資が受けられないということも、けっして珍しくありません。

大手消費者金融であれば、ほとんどの会社が即日審査・即日融資に対応しています。
最短で30分、融資実行まで1時間なんて金融業者もあります。

また、大手消費者金融であれば、日本全国幅広く対応してくれます。
地方だから融資が難しい、移動に何時間もかけて融資のお願いに出向かなくてはいけないということもありません。

ネットや電話によるお申し込みで完結するところも多いですので、即日融資をご希望の場合には大手消費者金融のカードローンをまずはおすすめさせて頂きます。

いますぐお金を借りられる条件とは

カードローン会社から、即日でお金を借りるには、以下の条件を満たしている必要があります。

• 審査時間と融資速度を宣伝しているカードローンの商品に申し込む
• 自動契約機でローンカード発行ができるカードローンに申し込む

以上の点の条件を満たしているなら、即日融資が可能であると判断することができます。
ただし、申込みした上でカードローンを受けるための審査があります。
その審査に通過しなければ、融資を受けることはできません。

「審査時間と融資速度を宣伝しているカードローンの商品に申し込む」とは?

では、それぞれの条件についても、もう少し詳しくご紹介していきましょう。
まずは「審査時間と融資速度を宣伝しているカードローンの商品に申し込む」について、ご説明します。

今すぐお金を借りたいと考えている人は、ともかく融資実行までスピーディーに進むことを希望されることと思います。

カードローン会社によっては、この融資実行までの速さを売りにしているカード会社があります。
例えば「審査時間最短30分」「即日融資可能」「融資まで最短1時間」などと言った宣伝を大々的に行っているカードローン会社です。

このようなカードローン会社は、当然、即日融資によるカードローンの商品を取り扱っていますので、真っ先にご検討頂くことをおすすめします。

このような審査時間の速さ・即日融資の実現性を大々的に宣伝している金融業者は、大手金融業者が多いとも言えます。
これらの宣伝文句をまずはチェックしてみるのもよいでしょう。

「自動契約機でローンカード発行ができるカードローンに申し込む」とは?

続いては、もう1つ条件としてあげた「自動契約機でローンカード発行ができるカードローンに申し込む」です。

こちらは、金融業者の窓口などに出向くのではなく、ATMのような自動契約機が設置されているので、そちらから操作を行い、カードローンの申し込みを行います。

自動契約機の利点は、通常は平日だけの融資受付が、土日祝祭日でも可能であるという点です。

大手消費者金融でカードローンを申請する場合でも、即日融資は平日14時や13時までの受付で可能となるところが多いと言うのが現状です。
これは振込による融資であることが起因しています。
14時もしくは13時以降の時間帯、または土日祝日は銀行が営業していいないため、融資の振り込みを行うことができないためです。

ですが自動契約機でカードローンの申し込みをしカード発行となれば、土日祝日といった日でも融資を受けることが可能です。
また、カード発行後は提携のATMからも現金をキャッシングすることができるようになりますので、急な出費にも対応することが可能です。
ただし、この自動契約機も夜間受付は20時までなどといった申込み受付時間はありますので、注意が必要です。

いますぐお金を借りるなら。おすすめ大手消費者金融

では、ここでおすすめする大手消費者金融業者について、ご紹介します。
あなたも耳にしたことがある金融業者が多いと思いますが、そのおすすめ理由とあわせ、ぜひご参考ください。

審査最短30分・融資最短1時間。即日融資に強い「アコム」

テレビCMでもおなじみ”はじめての、アコム”で有名な消費者金融の「アコム」です。

アコムは三菱東京UFJの傘下で、信用保証事業もエム・ユー信用保証会社が実施しています。
特徴として、NET申込みOKで審査時間が最短30分という点が最大の特徴です。
ただし、NET申込みは可能ですが、必ず職場への電話連絡があります。
NETのみで申込みから融資実行までが完了するわけではありません。

また、アコムは自動契約時(通称・むじんくん)も用意しています。
土日祝日などのお休みでもカードローンの申し込みが可能となります。
こちらの自動契約機は20時までの申し込みが即日融資となりますので、時間帯は要チェックです。
アコムは審査時間が最短30分とご紹介しましたが、融資実行スピードも最短で1時間という早さ。
急ぎの融資をご希望の方におすすめの消費者金融業者です。

NETのみで申込みから融資実行まで完結する「SMBCモビット」

アコムと並ぶ日本国内大手の消費者金融で、大きな特徴としてはNETで申込みから融資実行まで完結することです。
融資申し込みの際に在籍確認として職場に連絡を入れるのは、消費者金融ならどこでも行います。
この電話連絡がネックとなり、融資を躊躇する人も多いという事実があります。
在籍確認の電話が無いのは、SMBCモビットだけのサービスになります。
郵送物による連絡もないため、家族や同居人に知られずに融資を受けることが可能です。

また返済方法も便利と好評です。
今や身近なコンビニエンスストア・セブンイレブンに設置されている、セブン銀行のATMから借り入れおよび返済手続きができるという点は大変便利です。

SMBCモビットもローン申込機・ローン契約機を導入しています。
利用可能時間は場所ごとによって異なりますので、お近くの自動契約機にてご確認ください。

あえて難点があると言えば、多くの消費者金融が設けている無利息サービスが適用されていないという点です。
無利息サービスとは、「初めての借り入れの方は融資から30日間は無利息」というサービスです。
この無利息の期間は消費者金融によって異なりますが、多くの消費者金融が導入しています。
SMBCモビットはこのサービスを導入していません。

低金利と女性に特化したサービスを設けている「プロミス」

テレビCMでは軽快なテンポで明るいイメージが定着しているプロミスです。
プロミスのもっとも大きな特徴は、消費者金融のなかでもトップクラスと言える金利の低さです。
最大金利が17.8%は、他の消費者金融の多くが18%のなか、0.2%低く設定されています。
「たった0.2%」の違いと思われるかもしれませんが、この0.2%の違いは金利にすると大きいものです。

また、プロミスも自動契約機を導入しています。
こちらを使っての審査時間は約30分で、受付時間は9時から22時までとなっています。
土日祝日でも申込み可能ですので、急な出費の際には強い味方となってくれることでしょう。

さらにプロミスは、一般的な窓口であるプロミス以外に「プロミスレディース」というサービスも設けています。
女性への融資に特化したプロミスレディースは、オペレーターもすべて女性が対応してくれます。
性別問わず、幅広いニーズに答えてくれるのがプロミスです。

お得な金利・無利息サービスの「レイクALSA」

レイクALSAのもっとも大きな特徴は、2っの無利息サービスがある点です。
「借入全額30日間無利息」と「借入額5万円までなら180日間無利息」という、2つのサービスです。
5万円と少額に思えますが、180日間無利息という長い期間の無利息はレイクALSAだけの特徴です。
もし、毎月の返済が1万円から5万円の場合、28万円まではレイクALSAの5万円まで180日間無利息を利用した方がお得なのです。
29万円以上の場合には、無利息30日間を利用した方がお得となりますが、ご自身の借り入れ額および返済金額によって検討してみるとよいでしょう。

また、レイクALSAも自動契約機を導入しています。
受付時間が曜日によって異なり、平日と土曜日は8時から24時・日曜祝日は8時から22時・第3日曜日のみ8時から19時となっています。

平日であれば夜間24時まで受付を行ってくれる点は、大変助かります。
多忙なサラリーマンなど、なかなか時間確保が難しい人にも対応できるレイクALSAです。

もし大手消費者金融では融資を受けられなかったら

ここまでは、即日融資方法のもっともおすすめである大手消費者金融をご紹介しました。

ですが、融資を受けるには審査が必要です。
この審査に通らず、融資を受けることができないという人もいます。
そんな方でも即日融資を受けられるかもしれない方法をご紹介します。

それは中小消費者金融による融資です。

中小消費者金融とは、地域密着型や地方所属の金融機関です。
所在地が遠方となるケースもありますが、いまやインターネットの発達により、全国に対応している中小消費者金融は少なくありません。

また、中小消費者金融のメリットは、過去の返済履歴ではなく、現在の返済能力を重視してくれる点です。
大手消費者金融では過去の返済履歴による結果で返済能力の審査が行われる場合が多いのですが、中小消費者金融の場合には、現在の収入・勤務先などから返済能力を審査対象とし、その現在の能力を審査で重視してくれます。
過去に大手の消費者金融審査に通らなかった人でも、現在安定した収入が得られているのであれば、中小消費者金融の審査に通る可能性が高いため、おすすめしております。

ただし、下記の事項に該当する人は中小消費者金融での審査通過も難しいと考えられますので、注意が必要です。
• 電話連絡およびEメール送信が不可
• 債務整理中、1ヶ月以上の長期延滞中といった金融事故者
• 申込書の重複(過去の申込み者など)、なりすまし、悪戯、虚像による申込み

このような条件に該当する方は、大変残念ですが中小消費者金融業者でも審査通過は難しいと考えられるでしょう。

おすすめする中小消費者金融について

中小消費者金融は、全国的に宣伝を行っているわけでも無いため、信頼できる業者であるかどうか判断するのはなかなか難しいと言えます。

ここでご紹介するのは、ネット上でも評判の良い中小消費者金融です。
どの中小消費者金融を利用するか迷っている方は、ぜひ参考としてみてください。

まずご紹介するのは「セントラル」です。
セントラルはネットによる申込み方法以外にも、自動契約機・窓口・郵送・コンビニと、幅広い方法で申込を受け付けています。
また、即日融資に関しては平日14時までの申し込みであれば、対応可能です。

大手消費者金融で導入している無利息期間も30日間設けています。
また、セントラル専用の自動契約機であれば、土日の融資も対応可能です。

大手消費者金融に負けず劣らずのサービス体制を準備している「セントラル」。
急な出費にいち早く対応してくれる中小消費者金融です。

続いてご紹介するのは「ユニーファイナンス」です。
最低金利が12%と高いですが、最大金利が17.95%と大手消費者金融にも負けない低金利を実現しています。

ユニーファイナンスは大手消費者金融でも有名なプロミスと提携しているという点も、大きな安心できる材料であると言えるでしょう。

「提携しているなら、プロミスの審査に落ちた自分はダメかも」と思ってあきらめないで下さい。
提携しているからと言って、プロミスでの審査に通らなかったからユニーファイナンスも同じ審査を行うというわけではありません。

実際に、プロミスの審査は通らなかったのですが、プロミスの審査の1週間後にはユニーファイナンスの審査には通ったという方もいらっしゃいます。
現在しっかりした収入があるのであれば、審査に受かる可能性は十分あるということが分かるエピソードです。

なお、ユニーファイナンスの即日融資は、すでにカードを持っている人が対象となります。
新規申し込みの場合には即日融資は不可となりますので、予めご了承下さい。

次にご紹介するのは「ダイレクトワン」です。
ダイレクトワンは、スルガ銀行グループ系列となります。
そのため、返済可能な提携ATMが多く、利便性が大変高いという点が最大の特徴です。
金利も最低金利は4.9%からと、大変魅力的です。
ダイレクトワンで即日融資を希望する場合には、ネットや電話で無く、直接窓口に出向く必要があります。
直接店舗に出向くと言う点が、ダイレクトワンのデメリットと言えるでしょう。
ただし、これも融資希望の受付時のみとなりますので、その後の融資実行・返済などは提携するATMから行うことが可能です。

続いてご紹介するのは「ライフティ」です。
融資上限限度額が高く、即日融資を実施してくれるという点でおすすめです。

ライフティは融資上限限度額が500万円までと、かなり高額です。
大手消費者金融にも負けない限度額ではありますが、総量規制のために「年収の3分の1を超える金額はキャッシングできない」という法律がありますので、注意が必要です。
ライフティの金利は4.9%から20%となっています。
最大金利は20%と高めですが、最低金利は4.9%とかなり良心的です。

ライフティも13時までの申し込みであれば、即日融資が可能です。

そして、審査通過が不安な人に評判が良いのは「フクホー」です。
中小消費者金融を選んで申し込みをする理由として、とにもかくにも審査通過を願ってと言う人も多いことでしょう。
そのような人にフクホーが人気です。

ネットの評判を見ると「フクホーは審査が甘い」という意見が見受けられます。
その様な勘違いされる方もいらっしゃいますが、審査が甘いのではなく、対応が柔軟であると評判なのです。

借入および返済ともに振込である(返済のみ窓口もOK)フクホーは、利便性には若干欠けるところがありますが、即日融資も可能で柔軟な対応であるという点で、評判の高い中小消費者金融です。

今すぐお金を借りるために準備すべきもの

上記では、おすすめの消費者金融業者をご紹介してきました。
では、実際に融資を申し込むことにしたとして、事前にちゃんと必要なものを揃えておかなければ、即日融資は難しくなってしまいます。

再度必要書類を揃えて提出するために、また新たに日を設けることになっては大変です。
即日融資を希望するのであれば、事前に必要なものを準備しておきましょう。

お金を借りる際に、最低限必要な書類としては2つあります。
「本人確認書類」と「収入証明書類」です。

まずは「本人確認書類」について、ご説明します。
本人確認書類は、消費者金融業者に関わらず融資を希望する場合には絶対必要となります。

代表的な本人確認書類として「運転免許証」があります。
他に「パスポート」「マイナンバーカード(個人番号カード)」「各種健康保険証」などの公機関から発行されている証明証が必要となります。

ただし、上記本人確認書類にプラスして書類提出を求められる場合があります。
それは「本人確認書類に顔写真が無い場合」や「本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合」です。
その際には、上記の本人確認書類にあわせて「住民票」「納税証明書」「公共料金の領収書」などが必要となりますので、ご注意ください。

このような書類を準備するのはなかなか手間ですが、最近では住民票はマイナンバーカードがあれば全国のコンビニエンスストアから入手することができるようになりました。
コンビニエンスストアに設置されているマルチ端末から、24時間いつでも住民票を発行することが可能です(ただし年末12月29日から翌年1月3日の間は除く)。
もっとも手軽に入手することができる追加書類ですので、よろしければご活用ください。

また、マイナンバーカードを追加書類として提出する際には、注意が必要です。
それは何かというと、マイナンバーに記載されている個人番号を隠して提出する必要があるためです。
カードローン会社では、このマイナンバーに書かれている個人番号の収集が禁止されています。
そのため、あえて隠して提出しなければいけないのです。
若干手間と感じるかと思いますが、本人確認書類に不備があると対応に時間が掛かり、結局は融資を受けるまでに時間がかかってしまう可能性が高くなります。

即日融資を受けるためにも、しっかりと対応して頂きたいと思います。

続いては「収入証明書類」です。
融資の希望額などによって、この収入証明書類の提出を求められます。
この書類提出を求められるのは、申込者の返済能力の有無を確認するために非常に大切な書類であると居ます。

収入証明書類となるのは”給与明細書””源泉徴収票””所得証明書””確定申告書”などが該当します。
これらのコピーを準備します。

なお、提出する収入証明書は最新のものである必要があります。
例えば源泉徴収書を本年度ではなく、以前の年度の分を提出しても再提出を求められ、その分、融資実行まで時間が掛かってしまいます。
目的であった即日融資が不可能となってしまいますので、事前に書類を準備した上で融資申し込みをするようにしましょう。

もしくは、収入証明書類を求めらないように即日融資を可能にする

消費者金融のカードローンについては、借入限度額によって収入証明書類の提出が不要となります。
借入希望限度額が50万円以下であれば、原則、収入証明書類の提出は必要ありません。

金額が50万円以下でも問題が無いのであれば、即日融資を優先して、あえて収入証明提出を行わずに融資を申し込むという方法もあります。

ただし、他社からすでに借り入れを行っている人は注意が必要です。
借入希望限度額と他者からの借り入れ残高の合計が100万円以上の場合には、収入証明書類の提出を求められます。
これは貸金業法で定められている総量規制となりますので、事前に確認しておきましょう。

もし上記の内容に該当することが無ければ、消費者金融のカードローンに申し込む場合には、希望限度額を50万円以内に設定する事をおすすめいたします。
原則として収入証明書類の提出が不要となるため、その分、消費者金融業者の担当者も確認事項が少なくなり、時間短縮につながるという利点があります。

確認する事項が少なければ、その分早く融資実行となる可能性が高くなるということです。

今すぐお金を借りたい、ともかく即日融資を優先するためには、収入証明書類の提出を求められない必要最低銀の希望限度額での借り入れ申請を行うように申し込むことをおすすめ致します。

無事に審査を通るためにも認識しておきたいこと

大手消費者金融や中小消費者金融と、さまざまな消費者金融業者や、借り入れ申請の際の必要書類などについてもご紹介しました。

ですが、どんなに事前準備を行っても借入の審査に通らないというケースがあります。
借入の申し込みをする前に、まずは自分が審査対象となる人物であるかどうか、最低限の知識として確認しておくことも大事と言えるでしょう。

融資を受ける際に、下記の事項に該当する場合には審査に通りにくいとされています。
• 無職(もしくは休職中)
• 信用情報に傷がある
• 電話による在籍確認が取れない(難しい)
以上の理由に当てはまる場合には、審査を通ることが難しいとされています。

「無職(もしくは休職中)」では、安定した収入を得る目処が立たないということです。
このような状態では、カードローンの審査を通過することは難しく、即日融資の実行は不可能と言えるでしょう。

そして「信用情報に傷がある」とは、いわゆる金融ブラックということになります。
過去に延滞や債務整理を行ったという記録が個人信用情報機関に残っていると、新たな融資を受けることは難しくなります。
基本的にはその個人信用情報も5年以上経過していれば、問題ないとされています。
5年以内の間に、金融ブラックとなるような事柄に該当する覚えのある方は、消費者金融と言えど融資は難しいと言わざる負えません。

また、「電話による在籍確認が取れない(難しい)」という人も同様に、いますぐお金を借りたいと思っても、消費者金融業者のカードローン審査を通るのほぼ無理と思って頂いたよいでしょう。

審査に通らない、それでもお金が必要である場合

消費者金融のカードローン審査に通らない。
それでもお金が必要という時には、質屋を利用するという方法もあります。

現在は、全国チェーンの質屋として”大黒屋”の店舗があります。
こちらに、家にある物を売れば、そくお金を手に入れることができます。

また、即日は難しくても、最近ではフリマアプリでお小遣い稼ぎをする人もいます。
このような便利な機関もしくはサービスを利用して、お金を準備するという方法もあります。

債務整理を考えている人は、おまとめローンも検討してみよう

即日融資とは異なりますが、多重債務が原因でお金に困っているようであれば、債務整理を行う前におまとめトーンを検討してみても良いのではないでしょうか。

おまとめローンとは、複数の会社から借り入れしている分を1っにまとめ、金利や月々の返済額を低くする方法です。
銀行系の金融業者が行っているカードローンで、これにより月々の返済を軽くすることで余裕が生まれるということもあります。

ただし、このおまとめローンを申し込んだとしても、無計画では元の木阿弥です。
現在、安定した収入があり、これからは計画的に返済していくことをしっかりと考えてからでないと、例えおまとめローンの審査を通過したとしても、すぐに債務整理を検討しなければいけないという、以前の状態に戻ってしまいます。

お金はとても大事なものであり、人生にも大きく関わってきます。
計画的にかつ実行可能となるように具体的に考え、上手に活用して頂ければと思います。

まとめ

即日融資ですぐお金を借りるにはどうすれば良いかという内容をまとめ、ご紹介しました。

現在は銀行系の融資だけではなく、多くの消費者金融業者が存在します。
月々の安定した収入があれば、カードローンの審査は通る可能性が非常に高いと言えますが、借りた後が無計画であっては後に自分が痛い目をみることになります。

大人になれば、急な出費による対応や多額のローンを組むこともあるでしょう。
ですが、自分の収入や生活状況などを見つめ、きちんと計画性のある返済計画をイメージした上で、借り入れの申し込みをご検討頂くことをおすすめ致します。